有限会社快技庵「Swift 4 初級ガイド」が第3版にアップデート

有限会社快技庵
http://www.kaigian.co.jp

Swift 4 初級ガイドが第3版にアップデート。
iBookで販売しています。
第3版からはAmazon Kindleでも販売しているようです。


Swift4初級ガイド

改版履歴より
・Playground 2.0に対応
・オブジェクト指向プログラミングの用語 追加
・アプリ作りに向けて 追加
・if letの定数名 説明追加
・説明コードの追加
・全体を見直し加筆しました

Playgroundを使用してSwiftを学びたい人用の書籍です。

Swaggerを使うために調べてみよう

https://swagger.io

Software Design 2018年3月号
第1特集の第2章 フレームワークとリソース志向が基本 Web API開発入門に紹介だけされています。

・Swagger EditorでREST APIを定義
 Swagger Editor:http://editor.swagger.io
・Generate Serverメニューでフレームワークにあったコードを生成
・Generate Clientメニューでクライアントコードも生成可能

Generate Clientにはswift4もあります。

AWSのAmazon API GatewayにSwaggerが使用出来ます。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/welcome.html
Amazon用の拡張があります。「Swagger に対する API Gateway 拡張」
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/api-gateway-swagger-extensions.html

Swift API Design Guidelines 「Write a documentation comment」

Swift API Design Guidelines
https://swift.org/documentation/api-design-guidelines/

Use Swift’s dialect of Markdown.
https://developer.apple.com/library/content/documentation/Xcode/Reference/xcode_markup_formatting_ref/index.html

Swiftのドキュメンテーションガイドラインと仕様。
Swift API Design Guidelinesから必要な箇所の仕様ページにリンクが貼られています。

こんな感じで書くと。

    /**
     Description testFunc.
     
     - Author:
     Author
     
     - returns:
     Description return
     
     - parameters:
         - m1: Description moji1.
         - m2: Description moji2.
     
     - Version:
     0.2
     
     - SeeAlso:
     SeeAlso testfunc.

     - Note:
     Note testfunc
     
     - Copyright:
     Copyright testFunc
     
     
    */

こんな感じで表示されます。