AppInventor2で位置情報取得

AppInventor2で位置情報で取得出来るパラメータは図の通り。

ai_test3

LocationChanged・StatusChangedのイベントによる処理部品も用意されています。

ai_test4

位置情報アプリも作成可能という事です。

AppInventor2で位置情報取得” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です