Spine JavaScript Runtime Scale設定

Spine JavaScript RuntimeのScale設定。
JSONデータを読み込んだ後にScale設定が出来る。

spine-ts/webgl/example/index.htmlの123行目

var skeletonJson = new spine.SkeletonJson(atlasLoader);

の後ろで設定。

例えば50%表示。

var skeletonJson = new spine.SkeletonJson(atlasLoader);
skeletonJson.scale = 0.5;

通常表示
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/webgl/example/index.html

50%表示
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/webgl/example/index_scale.html

Documentはこちら。
「Scaling」参照。
http://ja.esotericsoftware.com/spine-loading-skeleton-data

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です