Swaggerを使うために調べてみよう

https://swagger.io

Software Design 2018年3月号
第1特集の第2章 フレームワークとリソース志向が基本 Web API開発入門に紹介だけされています。

・Swagger EditorでREST APIを定義
 Swagger Editor:http://editor.swagger.io
・Generate Serverメニューでフレームワークにあったコードを生成
・Generate Clientメニューでクライアントコードも生成可能

Generate Clientにはswift4もあります。

AWSのAmazon API GatewayにSwaggerが使用出来ます。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/welcome.html
Amazon用の拡張があります。「Swagger に対する API Gateway 拡張」
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/api-gateway-swagger-extensions.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です