jrxtxでシリアル通信

Javaでシリアル通信。
jrxtxを使用します。
https://github.com/openmuc/jrxtx

jrxtxはRXTXのラッパーです。
RXTX native libraryは必要となります。

以降のexampleはシリアルポートをmain関数のパラメータで受け取ります。
ボーレート等はSerialPortBuilderの各set〜メソッドで設定出来ます。

package jp.cloudsquare.java.testrxtx;

import java.io.DataInputStream;
import java.io.InputStream;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.openmuc.jrxtx.DataBits;
import org.openmuc.jrxtx.FlowControl;
import org.openmuc.jrxtx.Parity;
import org.openmuc.jrxtx.SerialPort;
import org.openmuc.jrxtx.SerialPortBuilder;
import org.openmuc.jrxtx.StopBits;

public class TestRXTX {
    /** シリアルポート */
    static SerialPort serialPort =  null;

    public static void main(String[] args) {
        try {
            boolean recvStart = false;
            List<Byte> recvData = new ArrayList<>();
            serialPort = SerialPortBuilder.newBuilder(args[0])
                                            .setBaudRate(115200)
                                            .setDataBits(DataBits.DATABITS_8)
                                            .setParity(Parity.NONE)
                                            .setStopBits(StopBits.STOPBITS_1)
                                            .setFlowControl(FlowControl.NONE)
                                            .build();
            InputStream inputStream = serialPort.getInputStream();
            DataInputStream dataInputStream = new DataInputStream(inputStream);
            while(true) {
                byte read = dataInputStream.readByte();
                // :
                // 受診後の処理
                // :
            }
        }
        catch(Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です