誤り検出符号 error detecting code

改訂新版 C言語による標準アルゴリズム事典をSwiftでコーディング。

誤り検出符号 error detecting code
実行:Playground

func errorDetectingCode(s: String) {
    var d:Int
    var w = 1
    var t = 0
    
    for c in s {
        d = w * Int(String(c))!
        if d > 9 {
            d = d - 9
        }
        t = t + d
        w = 3 - w
    }
    (t % 10 == 0) ? print("有効") : print("無効")
}

let s = "5555555555554444"
errorDetectingCode(s: s)


[改訂新版]C言語による標準アルゴリズム事典 (Software Technology)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です