Apache NetBeans 9.0 正式版がリリース

Apache NetBeans 9.0 正式版がリリースされました。
ちょっと前にRC1を入れたのですが、さっそく変更。

ダウントードは下記サイトから。
https://netbeans.apache.org/download/nb90/nb90.html

特長まとめは下記サイトに。
https://netbeans.apache.org/download/nb90/
最初の部分だけGoogle翻訳で。
 Apache NetBeans 9.0は、Apache NetBeans IDEの最初のリリースです。
 このリリースの主な目標は次のとおりです。
 ・Oracleコード寄付のIPクリアランス。
 ・Java 9および10のサポート。

Apache NetBenas 9.0RC1をWindows 10で起動

Apache NetBeans Home Page Downloadページからファイルをダウンロード。
https://netbeans.apache.org

ダウンロードしたファイル:incubating-netbeans-java-9.0-rc1-bin.zip

インストール

  • 好きなディレクトリで解凍する。
  • netbenasディレクトが出来ます。

起動

  • netbens下のbinディレクトリに移動。
  • 「netbeans64.exe」「netbeans.exe」があります。
    環境にあったほうをクリックで起動。

※起動時に「Error: Cannot find Java 1.8 or higher」が出た場合の対処

  • netbenas下のconfディレクトリに移動。
  • netbeans.confをテキストエディタで開く。
    75行目あたりに、
    netbeans_jdkhome=”C:\Program Files\Java\jdk-9.0.4″
    を追加。
    =の後ろは各自の環境に合わせて下さい。
  • 保存したら、起動。

Java mongoDB 範囲指定

JavaでmongoDBから取得の範囲指定。

dateTimeに日時が「yyyy/MM/dd HH:mm:ss」で入っている前提。

「2018/06/16 10:10:00」から 対象 まで 「2018/06/16 12:10:00」の範囲指定。

Document where = new Document("dateTime", new Document("$gt", "2018/06/16 10:10:00").append("$lte", "2018/06/16 12:10:00"));

上記をfind()やcount()の条件に使用する。

jrxtxでシリアル通信

Javaでシリアル通信。
jrxtxを使用します。
https://github.com/openmuc/jrxtx

jrxtxはRXTXのラッパーです。
RXTX native libraryは必要となります。

以降のexampleはシリアルポートをmain関数のパラメータで受け取ります。
ボーレート等はSerialPortBuilderの各set〜メソッドで設定出来ます。

package jp.cloudsquare.java.testrxtx;

import java.io.DataInputStream;
import java.io.InputStream;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.openmuc.jrxtx.DataBits;
import org.openmuc.jrxtx.FlowControl;
import org.openmuc.jrxtx.Parity;
import org.openmuc.jrxtx.SerialPort;
import org.openmuc.jrxtx.SerialPortBuilder;
import org.openmuc.jrxtx.StopBits;

public class TestRXTX {
    /** シリアルポート */
    static SerialPort serialPort =  null;

    public static void main(String[] args) {
        try {
            boolean recvStart = false;
            List<Byte> recvData = new ArrayList<>();
            serialPort = SerialPortBuilder.newBuilder(args[0])
                                            .setBaudRate(115200)
                                            .setDataBits(DataBits.DATABITS_8)
                                            .setParity(Parity.NONE)
                                            .setStopBits(StopBits.STOPBITS_1)
                                            .setFlowControl(FlowControl.NONE)
                                            .build();
            InputStream inputStream = serialPort.getInputStream();
            DataInputStream dataInputStream = new DataInputStream(inputStream);
            while(true) {
                byte read = dataInputStream.readByte();
                // :
                // 受診後の処理
                // :
            }
        }
        catch(Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

logbackでSyslogに出力するAppender

appenderの記載。
プロパティの内容は下記URLで理解しました。
http://mcs.une.edu.au/doc/logback/manual/appenders_ja.html

​<appender name="SYSLOG" class="ch.qos.logback.classic.net.SyslogAppender">
    <syslogHost>localhost</syslogHost>
    <port>514</port>
    <facility>local2</facility>
    <suffixPattern>%date - [%level] - [%thread] %logger %msg</suffixPattern>
</appender>

loggerやrootにSYSLOGを追加。

​<logger name="★★★" level="info">
    <appender-ref ref="SYSLOG" />
</logger>

<root level="info">
    <appender-ref ref="SYSLOG" />
</root>

rsyslog.confへのUDPとTCP設定
 rsyslog.confの下記設定がコメントアウトされているとログに書き出されません。
 Linuxのloggerコマンドは下記設定がなくても書き出されるようです。

 $ModLoad imudp
 $UDPServerRun 514
 $InputTCPServerRun 514

rsyslog.confへのファシリティ設定
 local2.* /var/log/xyz.log