iMindMap アップデート 10.0.4

iMindMap アップデート 10.0.4にアップデートされました。

変更内容(Google 翻訳使用)
https://thinkbuzan.zendesk.com/hc/en-gb/articles/202835731-iMindMap-Latest-Build-Changesより

Presentation View
Overview panel: プレゼンテーションモードでのポップアップ

fast capture
右クリックして画像オプションを削除する
画像の取り消し/やり直し
中央のアイデアイメージ

brainstorm
ブレーンストーミングアイデアのサイズをトグルトグル(Mac)
アイデアラベルの境界のオーバーフロー修正をリストする

mind map
孤立した細胞を残す境界除去のための修正
タグ付きアイコンは、タグ付きステータスを反映するように修正されます
タグの取り消し/やり直し
スクロールバーの視認性が優先されないように修正する
フリーハンドのターゲット更新:スイッチの描画と移動の場所
navigator panel:ポップアップ

time map
マイルストーンフラグターゲットアイコンがエクスポートから削除されました
マイルストーン接続の削除サポート
画像が更新されたタスク – 元に戻す、サイズ変更可能
タスクの移動 – 前のタスクを同時に移動するには、Cmd / Ctrlを使用します。
droptaskにエクスポートするタスクの日付の更新
ズーム/スクロールバーオーバーラップ修正(Mac)
タスクのサイズ変更の制限が軽減されました
表示されていれば再インポートするかどうかを表示するプロンプトを表示する
ネストされたタスクを接続するときのフリーズの修正
日付計算のための更新、範囲(例えば、月/週)に最も近い間隔ではなく日数を使用する
追加された間隔のサイジングオプションと日付範囲がサイドパネルに変更されました

ui
通知が更新されました
マップスイッチパネルのピンナップ(Win)
新しいテンプレートの固定ショートカット

files
google drive and dropbox improvements for saving and revision history
additional validation on saving
use default file location for open dialog if no recent available
fix for setting default save location preference

export
project&droptask:タイムマップまたはプロジェクトタスク情報を選択するオプション

Japanese
ショートカットが更新されました
翻訳が更新されました
サポートリンクが更新されました
画面サイズのサポート:スペースが足りない場合はサイドパネルがポップアップする(Mac)

iMindMap 10登場

https://imindmap.com/ja/software/imindmap-10/
発売キャンペーン中です。
iOS版 iMindMap HDのアップデートもあります。

iMindMap10
・タイムマップビュー追加
・ブランチ描画ツール改善
・Biggerplateマインドマップライブリーとの連携
・最適化されたブレインストームビュー
・強化されたファストキャプチャービュー
・タグとアイコンマネジャー追加
・新しいセントラルアイディア
・Eメール連携機能
・ソフトウェアインポーター(他のソフトデータをインポート)
・マルチメディアサポート
・新しくなったサイドパネル

iPad ProとApple Pencilと「***」で手書マインドマップ「Paper」編

iPad ProとApple Pencilと「Paper」で手書マインドマップ

Paper – FiftyThree のテキスト、写真へのメモ、スケッチツール – FiftyThree, Inc.

mm_Paper

Paperはフリー有力のノートアプリです。

良いところ。
・色、選びやすい。豊富。好みのパレット作成出来ます。
・ブランチが書きやすいです。Apple Pencilがいいのか、アプリ内のペンがいいのか。
・ハサミでカット&ムーブ出来ます。
・ノート(メモ!?)がフリーエリア以外に追加可能です。Exportにも含まれます。

イマイチなところ。
・文字、太さに細ペンが必要。万年筆は加圧に敏感で書き辛い。
・画像は1つのみ。アイコン等は貼れないです。
・ノート(メモ!?)が追加出来るのはいいのですが、文字サイズが固定です。大きすぎます。

Paperはいろいろなブログ等に紹介されているように良いアプリです。
iPad Proでマインドマップを描くのにPaperを一番使用しています。

iPad ProとApple Pencilと「***」で手書マインドマップ「Nebo」編

iPad ProとApple Pencilと「Nebo」で手書マインドマップ

MyScript Nebo – メモをとるのに最も便利な手段です。iPad Pro と Apple Pencil 用に作成されました。 – MyScript

mm_nebo

Neboは横書きノートアプリです。
Paperの様なフリー入力ノートアプリではありません。
Neboでマインドマップを書く場合、ノートにスケッチ挿入して書きます。(画像参照)

良いところ。
・Simple。
・ノートの中にマインドマップを埋め込めます。複数埋め込み可能です。
・ペンの太さ・色変更はSimpleです。
・ペンはサインペンで書きやすいです。加圧による太さ変化はありません。
・リリースされたばかりで、アップデートに期待出来ます。

イマイチなところ。
・スケッチ部分はiPad画面いっぱいに広がりません。
・画像はスケッチに埋め込めません。
・色が少ない。パレットの色は変更出来ません。
・Noboの特色でジェスチャー(文字を消すとか)があります。スケッチでは使えません。
・ExportがHTML(画像はSVG)のみです。上の画像はiPadのスクリーンキャプチャーで保存。
・ExportされたSVGは、スケッチ部分は拡大・縮小出来ません。

Nonoは良く出来たノートアプリです。
似たようなアプリとしては7notesです。
手書き入力された文字はOCR変換出来ます。リアルタイム確認出来ます。精度は良いです。結構崩しても理解します。
検索機能は手書き入力された文字も対象になります。
但し、スケッチに記載したものはOCR変換されません。あくまでもノート部分に書いたもののみ。

ノート+マインドマップを1つで書くのに良いアプリです。