三国志 一の巻 天狼の星(北方謙三)

読むのは3回目。
1回目はハードカバー版、2回目は文庫版、3回目は電子書籍(BookLive)。
いろいろな三国志を読んでおりますが、私の三国志書籍ベスト3に入ります。
吉川英治、横山光輝、北方謙三。
劉備玄徳の描写が他の書籍とは違います。ただの徳の人ではない。これが人間臭くてツボをつきます。他の作品より人の描写が深いです。
この魅力に年末年始酔いしれようと思います。

電子書籍版はBookLive以外で販売しておりません。※私の知る限り。
BookLive : http://booklive.jp/