技術者のためのテクニカルライティング入門講座 memo


技術者のためのテクニカルライティング入門講座

メール、報告書の書き方が不得手だと思っているエンジニアの人にはお勧めです。
ポイントが分かりやすく書かれています。
即活用出来ます。

私は2.2項、2.3項が役に立ちました。
分かってはいるが出来なかったことでもある様な。。。

ドラゴンクエストXを支える技術 大規模オンラインRPGの舞台裏 memo


ドラゴンクエストXを支える技術 ── 大規模オンラインRPGの舞台裏 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

オンラインゲーム(ドラゴンクエストX)の開発、運営、使われている技術等の内情が分かって面白かったです。
これでも全ては書ききれていないのだと思いますが。
他のオンラインゲームの内情を知りたくなります。

現場で使えるDjangoの教科書<基礎編> memo


現場で使える Django の教科書《基礎編》

Djangoを知りたくて購入しました。
チュートリアル後に各項目の知識を深めるのに良い書籍です。
インストール等も明確には書かれていません。
日本語の書籍が少ないので貴重な書籍です。
チュートリアル的な書籍ではありません。
チュートリアルはドキュメントページのものが良いです。
https://docs.djangoproject.com/ja/2.1/
アーキテクチャの章は分かりやすく、全体を掴むのに最適です。
以降の章で各部位が詳細説明される流れになっています。

VirtualBox、UbuntuでDjangoを入れました。
嵌ったのはdhango-admin.pyが実行出来なったところです。
というか、冷静に考えればいいだけだったのですが。
フルパスで書く(またはパスと通す、リンクを張る)、sudoで実行する。
setteings.pyのALLOW_HOSTSを記載しないと外部から受け付けてくれない。
書籍だと10章に出てきます。

書籍を読んだのと、チュートリアルをやりましたが、使えそうです。

iOSアプリ 電子書籍管理&ビューア「Booklover」

技術書籍を全て電子化していますが、管理&ビューアアプリが大切。
現在はi文庫HDに出戻り中。
i文庫HD->Sidebook->i文庫HD
以前からあったのに気づかなかっただけですが「Booklover」を見つけ試運転中。

https://www.plastic-software.com/ja/booklover/index.html

現在までに気づいた点。
・PDFファイル内の文字選択は出来ない。
 ->i文庫HDは出来ます。辞書に連携出来るのが便利なのです。英語の書籍を読んでいる時に活躍します。Sidebookをやめた理由の一つがこれ。

・読書ステータスの管理がある。「未読」「読書中」「読了」
 これは便利です。他にはない。

・iCloudにファイルを置ける。ダウンロードは一時キャッシュでクリア出来る。
 読書状況等は同期されない。
 iCloudでファイル管理するのであれば便利。複数台使っている場合には便利。ネットワーク環境が必須になる。
 これは惹かれます。

・SplitViewが出来る。横向きでSplitViewでアプリを設置すれば1頁表示になる。
 ->i文庫はこれが出来ない。メモと一緒に使えない。

・本棚はない。が、ジャンルを指定出来る。

・メタデータを抽出してくれる。

本格学習Java入門 改訂3版 memo


本格学習 Java入門 [改訂3版]

11/21発売された書籍です。
電子書籍あります。

Javaの入門書籍です。丁寧に書かれています。
JShellが説明されています。例は即実行出来るようになっています。
例題も適度にあり復習が出来ます。
36頁「誤りの見つけ方」は入門者に参考になります。
2進数、シフト演算、再帰呼び出し、toString、データ入出力、同期は入門者に役に立つと思います。
注釈が多く読みづらいです。本文から頻繁に横に目を動かさないといけなくなります。
多いのは丁寧に説明しているという事でもありますが、本文に書いた方が良い内容も注釈になっていることもあります。
入門書なのでというのもありますが、ジェネリクスがない、try-with-resourceが軽い説明、Streamがない、Lambdaがない
のは良くないです。
最終章にGUIがあるのですが、Swingです。JDKから外れたとはいえJavaFXではないの?とちょっと残念な点です。
プログラムをJavaで書く入門書です。

良いコードを書く技術 memo


良いコードを書く技術 -読みやすく保守しやすいプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)

2011年の書籍です。
最近、Kindle版が出たようなので読み直してみました。
最初は改版版でも出たのかと思ってしまいました。
Gihyo.dpでは2014年に電子書籍として販売されています。

コーディング規約や書き方ではなく、手法的な事が書かれています。
習慣、名前の付け方、コードの分割や集約、パフォーマンス、ユニットテスト、抽象化等が章のテーマになっています。
文字が大きいからか、1頁は記載量は少なめなので読みやすい書籍です。
書籍に出てくるコードの殆どはJava言語です。
内容的には他の言語でも使えると思います。Javaよりなところもありますが。
経験の浅いエンジニアには丁度良いと思います。

この先へと思うエンジニアは付録B 参考文献が役に立ちます。
・ソースコードリーディングから学ぶJavaの設計と実装
・リファクタリング
・Code Craft
・Code Complete
・サルでもわかる逆引きデザインパターン
・JavaScript 第5版
・エンタープライズアプリケーションアーキテクチャパターン
・テスト駆動開発入門
・達人プログラマー
・実装パターン
・増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門
・構文ノイズ

Software Design 2018年12月号 memo


ソフトウェアデザイン 2018年12月号

連載:結城浩の再発見の発想法 67 ファーストフィット
・必要な条件を満たす最初のものを選択する。
確かに使いますね。

第1特集:Ansible
・インフラに関する作業を自動化。
・オープンソース。

第2特集:時間を扱う方法
・サマータイム話題。

連載:Visual Studio Code快適生活 第3回 Webアプリ開発がはかどる(前編:JavaScipt)

連載:徹底解説 CPUアーキテクチャの進化を辿る コンピュータサイエンス 第4回 ディジタル加算〜加算をカルノー図法で考える〜
・ブール代数

連載:書いて覚えるSwift入門 第43回 ソフトウェアのアップグレード四方山話