Sphero Star Wars R2-D2

Sphero Home Page

昨年発売されたBB-8に仲間が増えました。
R2-D2とBB-8Eです。

Spheroのボールではなくタイヤです。

年末のスターウォーズ Episode 8に向けて、盛り上がりますね。
Amazonで日本円は22,952円です。

何かプログライングが出来ていると面白いのですがね。


Sphero スター・ウォーズ R2-D2 APP-ENABLED DROID 【日本正規代理店品】 R201JPN

思わず予約、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

思わず予約購入してしまった。
9/30夜時点でAmazonでは発送日が1ヶ月先、10/1朝時点ではまともに予約購入出来ない。
yodobashi.comでも10/1朝時点で予約を終了している。9/30夜時点ではお一人さま一点限りで予約出来ていた。
どれだけの生産数を予定していたのか不明だが、予約売り切れって凄い。
手のひらサイズのファミコン、コントローラも比例して小さく、ゲームがやりやすいかは操作してみないと分からない。
縦142.47mm、横97.45mm。
iPhone 7が縦138.3mm、横67.1mm。縦幅はほぼiPhone、横幅はちょっと大きいが。
ゲームをやるというよりはコレクションアイテムなのだろう。

任天堂ホームページ:https://www.nintendo.co.jp/clv/index.html

忘れ物、落し物をみんなで探す「MAMORIO」到着

MAMORIO:https://mamorio.jp

MAMORIO_01
パッケージはiPhone 6Sの液晶サイズ。

MAMORIO_02
パッケージの中は本体、説明書、ステッカーの3つ。

MAMORIO_03
本体は小さく、キーホルダー等に付けられるように穴が空いています。

MAMORIO_04
専用アプリがあります。
ユーザ登録、ログイン、ペアリング、MAMORIOを付ける物の情報登録。
これだけでスタート。

MAMORIO_05
MAMORIO_06
通常画面は分かりやすいです。
選択すれば詳細情報、マップ、経歴の画面が表示されます。
家のまわりを40分歩きましたが、他のMAMORIOを発見は出来ませんでした。

この製品が成功するか否かは、
 MAMORIOとMAMORIOのアプリが数多く展開される事、
 MAMORIO自身の単価が下がる事
です。
いろいろな物に付けたいし、展開されないと無くした時の製品の売りが活きない。
自分だけでも最後に通信できた場所は分かりますが。

明日以降他のMAMORIOが見つけられるか気になるところです。

Koshian Bluetooth SMART Module + Uzuki IoT Sensor Shield

Koshian Bluetooth SMART Module + Uzuki IoT Sensor Shield

konashi

左:Koshian Bluetooth SMART Module
右:Uzuki IoT Sensor Shield
下:iPhone 6

小さい。

Uzuki IoT Sensor Shieldは3種類のセンサーが付いています。
温湿度センサ
3軸加速センサ
近接・照度UVインデックスセンサ

Koshian Bluetooth SMART Moduleはボタン電池(CR2032)で動作します。

マクニカオンラインストア「myThingsをはじめようキット konashi Edition」4,980円(税抜)(50台限定)で購入しました。
https://store.macnica.co.jp/products/mpression_knsuzk001

C.H.I.P. – The World’s First Nine Dollar Computer到着

KICKSTARTERで募集してコンピュータです。
2016年5月発送予定が7月末になりました。
https://www.kickstarter.com/projects/1598272670/chip-the-worlds-first-9-computer/description

私が申し込んだのは「PocketC.H.I.P. 」です。
C.H.I.P.とタッチスクリーン液晶、バッテリー、キーボード一体のケースが付いています。


IMG_0257


IMG_0258


IMG_0260

バッテリー充電中のため、起動はお預け。

MESH 動きタグ:キーボードトラッキングを試みる

MESH 動きタグ

MESH 動きタグです。
http://meshprj.com/jp/tag/MESH-100AC-Move.html

キーボード入力を簡易トラッキングしてみようと購入してみました。

PCの上に設置
MESH on PC

MESHアプリでプログラム(アイコンを設置するだけ)
MES APL 1
MESH APL 2
MESH APL 3

感度・間隔を最高値に設定。
カウンタは最大10000。トラッキングの実用的には厳しい。

結果としてはトラッキングにならない。
キーボード入力10文字に対して2〜4くらいにしかならない。
置く場所を変えても改善はされない。
感度を良くした為、他のちょっとした振動も拾ってしまう。

キーボードトラッキングはOS毎にアプリを開発して実現するしかないのか?。
タイムトラッキング、アクティブカロリートラッキング、歩数トラッキング等々あります。
プログラマ向けのトラッキングあってもと思い試みてみました。
家に会社にとPC(キーボード)が違うでしょうから持ち運べる機材だとソフトをインストールせずに便利かと思ったのですが、、、

次の案を思考。。。