Kindle Unlimited コンピュータ・IT(洋書除く)の冊数

Kindle Unlimited コンピュータ・IT(洋書除く)

始まった当初と現在の冊数。

2016/8/4 2,827冊
2016/8/17 2,487冊
2016/10/1 2,262冊


2017/9/2 3,011冊

開始時にいくつかのメージャー出版社の書籍が読めました。
読めなくなった2016/8/17に大きく減って、微減が続きました。
そこから考えると増えたのだと思います。
コンピュータ・IT(洋書除く)はメージャー出版社の復活はほぼなく、個人出版的な書籍が増えた結果となります。

DFP(DoubleClick for Publishers)広告ロードの正常と異常

DFP(DoubleClick for Publishers)広告ロードの正常と異常

SDK for DFP Users on iOS

DFPBannerViewのload()メソッドは正常・異常を返さない。
GADBannerViewDelegateを使用して取得する。
正常時コールバック:adViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView)
異常時コールバック:adView(_ bannerView: GADBannerView, didFailToReceiveAdWithError error: GADRequestError)

下記はExample。
bannerViewのalpha値を0で初期化し、正常時に1にしています。
alpha値をいじらなくても、load()異常時は透過で表示されています。

import UIKit
import GoogleMobileAds

class ViewController: UIViewController ,GADBannerViewDelegate  {

    @IBOutlet weak var bannerView: DFPBannerView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        bannerView.alpha = 0
        bannerView.delegate = self
        bannerView.adUnitID = "ca-app-pub-3940256099942544/2934735716"
        bannerView.rootViewController = self
        let xyz = DFPRequest()
        bannerView.load(xyz)
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
    
    func adViewDidReceiveAd(_ bannerView: GADBannerView) {
        print("OK")
        bannerView.alpha = 1
    }
    
    func adView(_ bannerView: GADBannerView, didFailToReceiveAdWithError error: GADRequestError) {
        print("Error")
        print(error)
    }
}

Code Craft 孔子曰く「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」


Code Craft エクセレントなコードを書くための実践的技法 Mynavi Advanced Library

目次はこちら
http://cloudsquare.jp/hibiki/blog/2016/01/07/programming-book-12/

24章は振り返りで定期的に読み直すのが良い。
24章より、孔子曰く「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」。
いい言葉ですね。
http://news.mynavi.jp/news/2013/09/11/022/

新人、若いエンジニア、誰でも、一度は読んだ方が良いと思います。

Spine JavaScript Runtime Example

Spine
http://ja.esotericsoftware.com

Spine JavaScript Runtime Example実行
Canvas
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/canvas/example/index.html

threejs
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/threejs/example/index.html

WebGL
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/webgl/example/index.html

Widget
http://cloudsquare.jp/xyz/spine-ts/widget/example/index.html

スマフォから見てもサクサク動く。
データ量も少ない。
iOSネイティブアプリで公式RuntimeでUIView内に一部として埋め込むのは厳しそう。
cocos2d-x、Unity等で使うのが主。
WebViewでデータローカル持ちは
「Cross origin requests are only supported for protocol schemes: http, data, chrome, chrome-extension, https.」
で出来ない。
サードパーティRuntimeで出来そうなのはあるが、2年くらい更新されていない。
何か方法があるのかもしれないが、現時点の調査ではここまで。

SCALEAUTO Mercedes SLS AMG GT3 Nurburgring 2011 #15- RT2 inline マグネット交換


SCALEAUTO Mercedes SLS AMG GT3 Nurburgring 2011 #15- RT2 inline

マグネットをslot.itのCN07に変更。
http://www.slot.it/index.html

元のマグネット

CN07

モーターマウントのモーター前が取り付け場所

元のマグネットは薄く、CN07は厚い為、マグネットカバーを逆さにしてネジを届くように工夫。

ギア下のマグネットはCN07は収まりそうにないので要検討。

さぁ、走らせに行かないと。
タイヤも交換しないと。

「サラリーマン」な技術者

Software Design 2017年6月号
連載:宮原徹のオープンソース放浪記
第16回サラリーマンになるな、エンジニアになれ!

記事内に、
「仕事して言われてたことだけをこなす「サラリーマン」な技術者が増えているような気がしています。」
とあります。

同感です。最近とありますが、意外と最近ではなく、増えてきているのが実感です。

Google検索等を使えば、何となく解決してしまう結果、学ばないエンジニアが増えているのも、これに関係していると思います。
そのような人は「エンジニア」「技術者」と呼ばない。。。