magazine.gif OpenFlow入門

はじめに

第1章 OpenFlowの歴史

  • 1.1 将来
    • 1.1.1 アプリケーション
    • 1.1.2 仕様
    • 1.1.3 対応機器
    • 1.1.4 SDNとしてのOpenFlow
  • 1.2 実装
    • 1.2.1 OpenFlowスイッチ
    • 1.2.2 コントローラ

第2章 OpenFlow:基本編

  • 2.1 従来のネットワーク機器
    • 2.1.1 L2スイッチ
    • 2.1.2 ルータL3スイッチ
    • 2.1.3 まとめ
  • 2.2 OpenFlowの構成
  • 2.3 OpenFlowスイッチ
    • 2.3.1 フローエントリ
    • 2.3.2 テーブルマッチング処理
    • 2.3.3 入力パケットの解析処理
    • 2.3.4 フローエントリのプライオリティ
  • 2.4 コントローラ
    • 2.4.1 OpenFlowプロトコル
    • 2.4.2 非同期メッセージ
    • 2.4.3 スイッチ制御メッセージ
    • 2.4.4 シンメトリックメッセージ
  • 2.5 まとめ

第3章 OpenFlow:応用編

  • 3.1 OpenFlowフレームワーク
  • 3.2 Tremaによる「ユーザー定義コントローラ」の作成
    • 3.2.1 Tremaの準備
    • 3.2.2 スケルトンプログラム
    • 3.2.3 ユーザー定義コントローラのビルドおよび実行
    • 3.2.4 スイッチの接続/切断を表すイベント
    • 3.2.5 Packet-Inメッセージの取得
    • 3.2.6 パケットの転送
    • 3.2.7 フローエントリのインストール
    • 3.2.8 複数スイッチにおけるより高度なユーザー定義コントローラ
  • 3.3 まとめ

第4章 OpenFlow:展開編

  • 4.1 OpenFlow Island
    • 4.1.1 OpenFlow Islandとは
    • 4.1.2 OpenFlow Islandの構成
  • 4.2 OpenFlow Islandデータプレーンの構築方法
    • 4.2.1 OpenFlowスイッチ間の接続
    • 4.2.2 仮想イーサネット技術
    • 4.2.3 仮想イーサネット技術によるOpenFlow Islandの構築
    • 4.2.4 ユーザー環境の構築
  • 4.3 より高度な(データプレーン非透過な)OpenFlow Islandの構築方法
  • 4.4 OpenFlow Island間の接続
    • 4.4.1 モデル1:コントロールプレーンもデータプレーンも接続しない
    • 4.4.2 モデル2:コントロールプレーンを相互接続するが、データプレーンは非接続
    • 4.4.3 モデル3:コントロールプレーンは非接続だが、データプレーンは相互接続
    • 4.4.4 モデル4:コントロールプレーンもデータプレーンも相互接続する
  • 4.5 まとめ

付録A OpenFlowネットワークの大規模インフラ

  • A.1 RISE/JGN-X(日本)
  • A.2 NDDI/OS3E(米国)
  • A.3 OFELIA(欧州・FIRE)

著者紹介
索引