magazine.gif 独習UML 第3版

第1部 UMLの基礎知識
第1章 UMLとは

  • 1.1 UMLとは
    • UMLのメリット
    • UMLのデメリット
  • 1.2 UMLの誕生
  • 1.3 UML 2.0について
    • CBD(コンポーネントベース開発)
    • MDA(モデル駆動型アーキテクチャ)
  • 理解度チェック

第2章 オブジェクト指向とは

  • 2.1 オブジェクト指向とは
  • 2.2 オブジェクト指向の概念
    • 属性
    • 振る舞い
    • 責任
    • 抽象化
    • 具象化(インスタンス化)
    • カプセル化
    • インターフェース
    • 汎化・特化・継承
    • 多態性
    • メッセージ
  • 2.3 オブジェクト指向とUML
  • 2.4 オブジェクト指向の原則(発展内容)
    • Open-Close Principle(OCP)
    • Liskov Substitution Principle(LSP)
  • 理解度チェック

第3章 ユースケース図

  • 3.1 ユースケース図の例
    • 銀行のATMの例
  • 3.2 ユースケース図の構成要素
    • ユースケース
    • アクター
    • 境界枠
    • 関連
    • 汎化
    • 包含
    • 拡張
  • 3.3 ユースケースの詳細(発展内容)
    • ユースケース記述とシナリオ
    • ユースケース記述中の包含と拡張
  • 3.4 UML 1.xからの変更点
    • ユースケース
    • アクター
    • 拡張
  • 3.5 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第4章 オブジェクト図

  • 4.1 オブジェクト図の例
    • 机上の例
  • 4.2 オブジェクト図の構成要素
    • オブジェクト
    • リンク
    • インスタンス仕様
  • 4.3 オブジェクト図の作成(発展内容)
    • シナリオとオブジェクト
  • 4.4 UML 1.xからの変更点
    • インスタンス仕様
  • 4.5 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第5章 クラス図

  • 5.1 クラス図の例
    • 簡単な銀行システムの例
  • 5.2 クラス図の構成要素
    • クラス
    • 可視性
    • 関連
    • 多重度
    • 関連クラス
    • 限定子
    • 集約
    • コンポジション
    • 汎化
    • 依存
    • インタフェース
  • 5.3 UML 1.xからの変更点
    • 関連
    • 多重度
    • インターフェース
  • 5.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第6章 コンポジット構造図

  • 6.1 コンポジット構造図の例
    • PC内部の例
  • 6.2 コンポジット構造図の構成要素
    • パート
    • コネクタ
    • ポート
    • コラボレーション
    • コラボレーションオカレンス
  • 6.3 UML 1.xからの変更点
  • 6.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第7章 コンポーネント図

  • 7.1 コンポーネント図の例
    • 図書館システムの例
    • 企業間システム連携の例
  • 7.2 コンポーネント図の構成要素
    • コンポーネント
    • インターフェース
    • パート
    • コネクタ
    • 依存
  • 7.3 UML 1.xからの変更点
    • コンポーネント
    • インターフェース
    • コネクタ
  • 7.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第8章 シーケンス図

  • 8.1 シーケンス図の例
  • 8.2 シーケンス図の構成要素
    • 相互作用
    • ライフライン
    • メッセージ
    • 停止
    • イベントオカレンス
    • 実行オカレンス
    • 相互作用オカレンス
    • ゲート
    • 状態不変式
    • 複合フラグメント
  • 8.3 UML 1.xからの変更点
    • 消失メッセージ/出現メッセージ
    • 状態不変式
    • 複合フラグメント
  • 8.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第9章 コミュニケーション図

  • 9.1 コミュニケーション図の例
    • 旅行予約の例
  • 9.2 コミュニケーション図の構成要素
    • 相互作用
    • ライフライン
    • メッセージ
  • 9.3 コミュニケーション図のメッセージ(発展内容)
    • メッセージの順番
    • 複雑なメッセージ
  • 9.4 UML 1.xからの変更点
    • 相互作用
    • ライフライン
  • 9.5 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第10章 タイミング図

  • 10.1 タイミング図の例
    • 信号機の例
  • 10.2 タイミング図の構成要素
    • 相互作用
    • ライフライン
    • メッセージ
    • 状態
    • イベント
    • メッセージラベル
    • 時間制約
    • 接続制約
    • 時間観測
    • 接続観測
    • タイミングルーラー
    • ティックマーク値
    • 汎用順序
    • 停止
  • 10.3 UML 1.xからの変更点
  • 10.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第11章 相互作用概要図

  • 11.1 相互作用概要図の例
    • 録画予約の例
  • 11.2 相互作用概要図の構成要素
    • 相互作用
    • 相互作用オカレンス
    • 開始ノード
    • 終了ノード
    • デンジョンノードとマージノード
  • 11.3 UML 1.xからの変更点
  • 11.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第12章 ステートマシン図

  • 12.1 ステートマシン図の例
    • 注文オブジェクトの例
  • 12.2 ステートマシン図の構成要素
    • 開始状態
    • 終了状態
    • 状態
    • 遷移
    • コンポジット状態
    • 入場点
    • 退場点
    • サブマシン状態
    • 並行状態
    • フォークとジョイン
    • 履歴状態指示子
    • 連結点
    • 選択点
    • プロトコルステートマシン
  • 12.3 UML 1.xからの変更点
    • コンポジット状態とその境界
    • ステートマシン図の再定義
  • 12.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第13章 アクティビティ図

  • 13.1 アクティビティ図の例
    • システム開発の例
  • 13.2 アクティビティ図の構成要素
    • アクティビティ
    • アクション
    • 開始ノード
    • 終了ノード
    • コントロールフロー
    • オブジェクトフロー
    • コネクタ
    • デンジョンノードとマージノード
    • フォークノードとジョインノード
    • アクティビティパーティション
    • 例外ハンドラ
    • 受信イベントアクション
    • 送信シグナルアクション
    • データストアノード
    • 拡張領域
    • 割り込み可能アクティビティ領域
  • 13.3 UML 1.xからの変更点
    • アクティビティパーティション
    • 終了ノード
    • 例外ハンドラ
    • データストアノード
    • 拡張領域
    • 割り込み可能アクティビティ領域
  • 13.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第14章 配置図

  • 14.1 配置図の例
    • J2EEシステムにおける配置図の例
  • 14.2 配置図の構成要素
    • ノード
    • 成果物
    • コミュニケーションパス
    • 依存
  • 14.3 UML1.xからの変更点
    • ノード
    • 成果物
    • コミュニケーションパス
    • 依存
  • 14.4 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第15章 パッケージ図

  • 15.1 パッケージ図の例
    • 社内システムの例
    • パッケージ分割の例
  • 15.2 パッケージ図の構成要素
    • パッケージ
    • インポート
    • マージ
  • 15.3 パッケージ図の再利用(発展内容)
    • インポートの可視性
    • パッケージテンプレート
  • 15.4 UML 1.xからの変更点
    • マージ
  • 15.5 構成要素まとめ
  • 理解度チェック

第16章 UMLの基礎概念

  • 16.1 共通要素
    • ステレオタイプ
    • ノート
    • 制約
  • 16.2 モデリング言語の階層
    • メタ階層
  • 16.3 UMLの構造
    • インフラストラクチャー
    • スーパーストラクチャー
  • 16.4 UMLの拡張
  • 16.5 UML 1.xからの変更点
    • 廃止ステレオタイプ
    • 拡張方法
  • 理解度チェック

第2部 UMLの適用
第17章 現状業務(Asls)の分析

  • 17.1 現状業務の把握
  • 17.2 モデル化対象の分割
  • 17.3 現状のビジネスプロセスの洗い出し(業務分析)
    • 顧客の確認
    • 注文を受ける
    • 入金を確認する
  • 17.4 ビジネスプロセスの分割と構造化
  • 理解度チェック

第18章 現状業務の改善(ToBe)

  • 18.1 現状の問題点の抽出
  • 18.2 新しいビジネスプロセスの検討
  • 18.3 画面サンプルの作成
  • 理解度チェック

第19章 要求分析

  • 19.1 ユースケース図の作成
  • 19.2 ユースケースシナリオの作成
  • 理解度チェック

第20章 システム分析

  • 20.1 オブジェクト図の作成
  • 20.2 分析クラス図の作成
  • 20.3 エンティティを抜き出す方法
  • 理解度チェック

第21章 システム設計(システム全体の俯瞰とアーキテクチャの決定)

  • 21.1 初期コンポーネント図の作成
  • 21.2 アーキテクチャの決定
  • 理解度チェック

第22章 システム設計(ユースケースの実現)

  • 22.1 相互作用概要図の作成
  • 22.2 ユースケースの詳細化
  • 22.3 シーケンス図の作成
  • 理解度チェック

第23章 システム設計(システム全体の構造決定)

  • 23.1 設計クラス図の作成
  • 理解度チェック

第24章 プラットフォームへの展開

  • 24.1 マッピングとモデル変換
  • 24.2 システム配置構成を決定する
  • 理解度チェック

付録A 理解度チェック解答集
付録B パターンウィーバー2.0について
索引