magazine.gifUMLモデリング入門

はじめに

第1部 モデリングの考え方
第1章 モデルが表現するもの

  • 1-1 情報システムとモデル
  • 1-2 情報システムサイクル
  • Column 情報システム学
  • 1-3 モデルの定義
  • 1-4 概念と型
  • 1-5 モデルには認識する人がいる
  • 1-6 3つの側面からモデリングする
  • Column エピソードから知識へ

第2章 UMLの基礎知識

  • 2-1 UMLの歴史
  • 2-2 表記法の概要:13種類の図
  • 2-3 UMLの共通ルール
  • 2-4 図法の概観

第2部 モデルを作ろう
第3章 静的モデリング1:概念と型

  • 3-1 静的モデリングのポイント
  • 3-2 概念レベル:クラス図がすべての要
  • 3-3 「概念」とは何か

第4章 静的モデリング2:関連

  • 4-1 関連
  • 4-2 多重度
  • 4-3 ロール
  • 4-4 汎化
  • 4-5 集約関連
  • Column 人間の概念構造のモデル

第5章 静的モデリング3:インスタンスの構造

  • 5-1 インスタンスの表記
  • 5-2 オブジェクト図の基礎
  • Column 「もの」を識別するということ
  • 5-3 オブジェクト図の作成
  • Column テストケース

第6章 静的モデリング4:高度な関連

  • 6-1 制約の記述
  • 6-2 関連型
  • 6-3 属性か型か
  • 6-4 知識レベル
  • 6-5 導出
  • Column べき集合

第7章 型図の演習

  • 7-1 お題
  • 7-2 解答例

第8章 動的モデリング:状態機械図、活動図

  • 8-1 状態機械図
  • Column プロトコル
  • 8-2 活動図
  • 8-3 業務フローを書く
  • 8-4 プロセス図
  • Column スクリプトとプラン

第9章 機能モデリング:ユースケース

  • 9-1 機能とは何か
  • 9-2 ユースケース記述
  • 9-3 ユースケース図
  • 9-4 アクターの本質
  • 9-5 シナリオ
  • Column 戦場ヶ原の稲妻
  • Column 4枚カード問題

第10章 モデル間の整合

  • 10-1 モデル自身の美しさ
  • 10-2 整合性のチェック
  • 10-3 文書化

第3部 要求をモデル化する
第11章 総合演習:ユーザー要求のとらえ方

  • 11-1 期待の整理
  • 11-2 原要求の記述
  • 11-3 パタン記述
  • 11-4 要求設計
  • Column 業務構想書

付録A ユースケースとは何か

あとがき
謝辞
索引