magazine.gifインターネットルーティング入門 第3版

はじめに

第1章 IPとルーティング

  • 1.1 ルーティングとは
    • 1.1.1 IP パケットが目的地まで到達する仕組み
    • 1.1.2 ルーティングとフォワーディング
    • 1.1.3 なぜルーティングが必要か
  • 1.2 IP
    • 1.2.1 IPv4 パケットのフォーマット
    • 1.2.2 IP アドレス
    • 1.2.3 サブネット
    • 1.2.4 CIDR
    • 1.2.5 IP アドレスの分配方法
    • 1.2.6 プライベートアドレスとNAT
    • 1.2.7 IPv6
    • 1.2.8 ping とtraceroute

第2章 ルーティングの概要

  • 2.1 デフォルトルート
    • 2.1.1 デフォルトルート
    • 2.1.2 デフォルトルートの例
  • 2.2 スタティックルーティングとダイナミックルーティング
    • 2.2.1 スタティックルーティング
    • 2.2.2 ダイナミックルーティング
    • 2.2.3 スタティックルーティングとダイナミックルーティングの比較
  • 2.3 ルーティングプロトコルの種類
    • 2.3.1 AS
    • 2.3.2 IGPとEGP
    • 2.3.3 ルーティングプロトコルのIPv6 対応

第3章 OSPF

  • 3.1 OSPF の概要
    • 3.1.1 OSPF の概要と特徴
    • 3.1.2 リンクステートルーティングプロトコル
    • 3.1.3 OSPF を例にした一般的なダイナミックルーティングの説明
    • 3.1.4 エリア
    • 3.1.5 DR
    • 3.1.6 その他の特徴
  • 3.2 ルーティングテーブル作成の過程
    • 3.2.1 リンクステートデータベースの作成
    • 3.2.2 リンクステートデータベースからのルーティングテーブルの作成
  • 3.3 Cisco 社ルータにおける設定例
    • 3.3.1 基本の設定例
    • 3.3.2 passive-interface の設定例
    • 3.3.3 redistribute の設定例
    • 3.3.4 コストの設定例
  • 3.4 OSPF のパケット
    • 3.4.1 OSPF のヘッダ
    • 3.4.2 Type1:Hello パケット
    • 3.4.3 Type2:Database Description パケット
    • 3.4.4 Type3:Link-State Request パケット
    • 3.4.5 Neighbor/Adjacency の確立にいたるまでの状態
    • 3.4.6 Type4:Link-State Update パケット
    • 3.4.7 Type5:Link-State Acknowledgement パケット
    • 3.4.8 LSA の種類
    • 3.4.9 LS Type1:Router-LSA
    • 3.4.10 LS Type2:Network-LSA
    • 3.4.11 LS Type3 とLS Type4:Summary-LSA
    • 3.4.12 LS Type5:AS-external-LSA
    • 3.4.13 LS Type7:NSSA External Link-State Advertisements
  • 3.5 OSPF のIPv6 対応
    • 3.5.1 OSPFv3 の概要
    • 3.5.2 OSPFv3 のパケットフォーマット
    • 3.5.3 OSPFv3 の設定例

第4章 RIP

  • 4.1 RIP の概要と歴史
    • 4.1.1 RIP の概要
    • 4.1.2 RIP の歴史
  • 4.2 RIP の原理
    • 4.2.1 ディスタンスベクター型アルゴリズムの動作例
    • 4.2.2 RIP の基本的な動作
    • 4.2.3 経路情報の取り下げ
    • 4.2.4 スプリットホライズン
    • 4.2.5 無限カウント問題とトリガードアップデート
    • 4.2.6 ホールドダウンタイマー
  • 4.3 Cisco 社ルータにおける設定例
    • 4.3.1 基本の設定例
    • 4.3.2 passive-interface の設定例
    • 4.3.3 redistribute の設定例
  • 4.4 RIP の限界とOSPF との比較
    • 4.4.1 RIP の限界
    • 4.4.2 OSPF との比較
  • 4.5 RIP の仕様
    • 4.5.1 メッセージフォーマット
    • 4.5.2 ルーティングテーブル
    • 4.5.3 サブネットの扱い
    • 4.5.4 タイマーによる動作
  • 4.6 RIP Version 2
    • 4.6.1 RIP2
    • 4.6.2 RIP2 による拡張
  • 4.7 RIP のIPv6 対応
    • 4.7.1 RIPng の概要
    • 4.7.2 RIPng のパケットフォーマット
    • 4.7.3 RIPng の設定例

第5章 BGP

  • 5.1 BGP-4 とは
    • 5.1.1 BGP-4 の役割
    • 5.1.2 BGP-4 での経路情報交換
    • 5.1.3 BGP-4 交換メッセージの種類
    • 5.1.4 BGP テーブルとルーティングテーブル
    • 5.1.5 Routing Information Bases(RIBs)
    • 5.1.6 パス属性
    • 5.1.7 eBGPとiBGP
    • 5.1.8 BGP ピア Config 設定例
    • 5.1.9 BGP とOSPF の違い
  • 5.2 BGP-4 情報の種類とフォーマット
    • 5.2.1 BGP メッセージヘッダ
    • 5.2.2 OPEN メッセージ
    • 5.2.3 UPDATE メッセージ
    • 5.2.4 NOTIFICATION メッセージ
    • 5.2.5 KEEPALIVE メッセージ
    • 5.2.6 ROUTE-REFRESH メッセージ
    • 5.2.7 BGP-4 ピア状態遷移(BGP Finite State Machine)
  • 5.3 BGP-4 のパス属性
    • 5.3.1 パス属性とは
    • 5.3.2 パス属性の4 つのカテゴリ
    • 5.3.3 AS_PATH 属性
    • 5.3.4 MULTI_EXIT_DISCRIMINATOR(MED)属性
    • 5.3.5 LOCAL_PREF 属性
    • 5.3.6 ORIGIN 属性
    • 5.3.7 NEXT_HOP 属性
    • 5.3.8 COMMUNITY 属性
  • 5.4 BGP-4 UPDATE メッセージの処理
    • 5.4.1 ベストパス選択アルゴリズム
    • 5.4.2 ベストパス選択の実際
    • 5.4.3 UPDATE メッセージの送信処理
  • 5.5 BGP 運用の実際とConfig 設定例
    • 5.5.1 インターネットとBGP-4
    • 5.5.2 トランジットと対等ピア
    • 5.5.3 マルチホーム経路制御
    • 5.5.4 (1)BGP-4 で直接インターネットに接続するマルチホーム
    • 5.5.5 (2)プライベートAS を用いたマルチホーム
    • 5.5.6 (3)プライベートアドレスによる運用
    • 5.5.7 経路フィルタリング
    • 5.5.8 フラップダンプニング
    • 5.5.9 RTBH を使ったDDoS 攻撃への対処
    • 5.5.10 iBGP スケーラビリティの問題
    • 5.5.11 ルートリフレクション
    • 5.5.12 BGP コンフェデレーション
  • 5.6 BGP のIPv6 対応
    • 5.6.1 BGP4+
    • 5.6.2 BGP4+ ピアの基本設定例

第6章 MPLS

  • 6.1 MPLS とは
    • 6.1.1 MPLS の特徴とはじまり
    • 6.1.2 MPLS の基本概念
    • 6.1.3 MPLS のラベルフォーマット
    • 6.1.4 MPLS のラベル値の決め方
  • 6.2 MPLS の応用技術
    • 6.2.1 トラフィックエンジニアリング
    • 6.2.2 IP-VPN
    • 6.2.3 MPLS におけるping とtraceroute
  • 6.3 Cisco 社ルータにおけるMPLS の設定例
    • 6.3.1 トラフィックエンジニアリングの設定例
    • 6.3.2 IP-VPN の設定例
  • 6.4 その他のMPLS の応用
    • 6.4.1 L2VPN
    • 6.4.2 IPv6 over MPLS
    • 6.4.3 GMPLS
    • 6.4.4 その他の応用
    • 6.4.5 MPLS の将来展望

第7章 仮想ネットワーク

  • 7.1 仮想ネットワークの概要
    • 7.1.1 仮想ネットワークとは
  • 7.2 ルーティング技術による仮想ネットワーク
    • 7.2.1 ルーティング技術のL2 ネットワークへの適用
    • 7.2.2 TRILL
    • 7.2.3 E-VPN
  • 7.3 オーバーレイ技術による仮想ネットワーク
    • 7.3.1 仮想ネットワークへのオーバーレイ技術の適用
    • 7.3.2 VXLAN
    • 7.3.3 NVGRE
    • 7.3.4 STT
    • 7.3.5 BGP を利用したEnd-system IP-VPN 方式
  • 7.4 SDN/OpenFlow による仮想ネットワーク
    • 7.4.1 SDN/OpenFlow とは
    • 7.4.2 OpenFlow の標準化と仕様
    • 7.4.3 OpenFlow 関連技術の標準化