magazine.gif ネットワーク構築の基礎

はじめに

1章 TCP/IPの基礎

  • 1.1 プロトコルとネットワークアーキテクチャ
    • 1.1.1 プロトコル
    • 1.1.2 ネットワークアーキテクチャ
  • 1.2 TCP/IPの階層構造とプロトコル
    • 1.2.1 TCP/IPの階層構造
    • 1.2.2 プロトコルの役割
    • 1.2.3 データの呼び方
  • 1.3 IPアドレス
    • 1.3.1 IPアドレスとは
    • 1.3.2 IPアドレスの構成
    • 1.3.3 クラスレスアドレスとは
    • 1.3.4 サブネットマスク
    • 1.3.5 サブネッティング
    • 1.3.6 グローバルアドレス
    • 1.3.7 プライベートアドレス
    • 1.3.8 NATの概要
  • 1.4 IPルーティング
    • 1.4.1 ルーティングとは
    • 1.4.2 ルータの機能
    • 1.4.3 ルーティングテーブル
    • 1.4.4 ルート情報の登録
  • 1.5 IPv6
    • 1.5.1 IPv6の特徴
    • 1.5.2 IPv6アドレスの概要
    • 1.5.3 IPv6のルーティング
    • 1.5.4 IPv6への移行

2章 企業LANの基礎

  • 2.1 企業LANを構成する機器
    • 2.1.1 レイヤ2スイッチ
    • 2.1.2 レイヤ3スイッチ
    • 2.1.3 ルータ
    • 2.1.4 LANアクセスポイント
    • 2.1.5 IP電話機
    • 2.1.6 PC、各種サーバ
  • 2.2 企業LANの構成例
    • 2.2.1 企業LANの構成例と、構成機器の概要
    • 2.2.2 アクセススイッチで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.3 ディストリビューションスイッチで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.4 バックボーンスイッチで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.5 サーバファームスイッチで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.6 エッジディストリビューションスイッチで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.7 WANルータで利用する主な機能・プロトコル
    • 2.2.8 内部ルータで利用する主な機能・プロトコル

3章 LANとレイヤ2スイッチングの基礎

  • 3.1 LANとは
    • 3.1.1 LANとは
    • 3.1.2 LANの構成要素
    • 3.1.3 LANの規格
    • 3.1.4 トポロジ
    • 3.1.5 媒体アクセス制御方式
    • 3.1.6 MACアドレス
    • 3.1.7 伝送媒体
  • 3.2 イーサネット
    • 3.2.1 イーサネットの基本
    • 3.2.2 10Mbpsのイーサネット
    • 3.2.3 100Mbpsのイーサネット
    • 3.2.4 1Gbpsのイーサネット
    • 3.2.5 10Gbpsのイーサネット
    • 3.2.6 イーサネット上のTCP/IP通信の仕組み
    • 3.2.7 ARPの仕組み
  • 3.3 レイヤ2スイッチング
    • 3.3.1 レイヤ2スイッチによるフレームの転送
    • 3.3.2 コリジョンドメインとブロードキャストドメイン
    • 3.3.3 全2重通信
    • 3.3.4 オートネゴシエーション
    • 3.3.5 認証機能

4章 無線LANの基礎

  • 4.1 無線LANの概要
    • 4.1.1 無線LANの特徴
    • 4.1.2 無線LANの機器
    • 4.1.3 無線LANの規格
  • 4.2 無線LANの仕組み
    • 4.2.1 有線LANと無線LANの対比
    • 4.2.2 無線LANクライアントと無線LANアクセスポイントの接続
    • 4.2.3 VLANとSSIDのマッピング
    • 4.2.4 CSMA/CA
    • 4.2.5 無線LANの伝送速度とアクセスポイントのカバー範囲
    • 4.2.6 無線LAN上でのTCP/IP通信
  • 4.3 無線LANのセキュリティ
    • 4.3.1 セキュリティの基本
    • 4.3.2 初期の無線LANセキュリティの脆弱性
    • 4.3.3 WPA
    • 4.3.4 IEEE802.11i(WPA2)

5章 VLANの基礎

  • 5.1 VLANの定義
    • 5.1.1 VLANとは
    • 5.1.2 VLANの仕組み
    • 5.1.3 VLANによるネットワーク構成の柔軟性
  • 5.2 VLANと関連したスイッチのポート種類
    • 5.2.1 アクセスポート
    • 5.2.2 トランクポート
    • 5.2.3 ISL(Inter Switch Link)
    • 5.2.4 IEEE802.1Q
  • 5.3 どのようにVLANを展開するか
    • 5.3.1 VLAN展開のコンセプト
    • 5.3.2 ローカルVLAN
    • 5.3.3 エンドツーエンドVLAN
    • 5.3.4 ローカルVLANとエンドツーエンドVLANの組み合わせ

6章 スパニングツリーの基礎

  • 6.1 スパニングツリーの概要
    • 6.1.1 スイッチ冗長化の問題点
    • 6.1.2 スパニングツリーの必要性
  • 6.2 スパニングツリーの動作
    • 6.2.1 スパニングツリーの動作の概要
    • 6.2.2 BPDU
    • 6.2.3 ルートブリッジの決定
    • 6.2.4 ポートの役割の決定
    • 6.2.5 スパニングツリーの経路の切り替え
    • 6.2.6 スパニングツリーのポートの状態
    • 6.2.7 フレームの転送経路
  • 6.3 PVSTによる負荷分散
    • 6.3.1 CSTとPVSTの概要
    • 6.3.2 PVSTの仕組み
  • 6.4 スパニングツリーの拡張
    • 6.4.1 標準のスパニングツリーの問題点
    • 6.4.2 IEEE802.1w RSTP
    • 6.4.3 IEEE802.1s MST
  • 6.5 リンクアグリゲーション
    • 6.5.1 LAN内のボトルネックとなるポイント
    • 6.5.2 リンクアグリゲーションの仕組み
    • 6.5.3 リンクアグリゲーションでのイーサネットフレームの転送

7章 VLAN間ルーティングとレイヤ3スイッチの基礎

  • 7.1 VLAN間ルーティングの概要
    • 7.1.1 VLAN間ルーティングの必要性
    • 7.1.2 VLAN間ルーティングに必要な機器
  • 7.2 VLAN間ルーティングの仕組み
    • 7.2.1 ルータによるVLAN間ルーティング
    • 7.2.2 レイヤ3スイッチによるVLAN間ルーティング
    • 7.2.3 物理構成と論理構成の対応
  • 7.3 VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)
    • 7.3.1 デフォルトゲートウェイの冗長化の問題点
    • 7.3.2 VRRPの仕組み
    • 7.3.3 VRRPの注意
    • 7.3.4 Cisco HSRP

8章 Cisco Catalystスイッチによる構成例

  • 8.1 Cisco Catalystスイッチの概要
    • 8.1.1 Catalystスイッチの概要
    • 8.1.2 Catalystスイッチの設定概要
  • 8.2 設定する物理構成と論理構成
    • 8.2.1 物理構成
    • 8.2.2 論理構成
    • 8.2.3 設定する機能
  • 8.3 各機器の設定
    • 8.3.1 VLANの設定
    • 8.3.2 リンクアグリゲーション(レイヤ2)
    • 8.3.3 スパニングツリーの設定
    • 8.3.4 リンクアグリゲーション(レイヤ3)の設定
    • 8.3.5 IPアドレスの設定
    • 8.3.6 ルーティングの設定
    • 8.3.7 HSRPの設定

索引