magazine.gif 独習TCP/IP IPネットワーキング編 IPv6対応

まえがき

第1章 IPネットワークの基礎

  • 1.1 プロトコルの階層構造
    • OSI参照モデル
    • OSI参照モデルの各階層の役割
  • 1.2 TCP/IPの階層化モデル
    • OSI参照モデルとTCP/IPの階層モデル
    • TCP/IPの各層の役割
  • 1.3 ネットワーク層とIP
    • IPヘッダ
    • IPアドレス
    • ICMP
  • 1.4 TCPとUDP
    • TCPの動作とTCPヘッダ
    • UDPとその特徴
  • 1.5 NATとNAPT
    • アドレス変換技術
  • 1.6 アプリケーションプロトコル
    • アプリケーションプロトコルの役割
  • 章末理解度チェック

第2章 ネットワーク機器

  • 2.1 物理層とデータリンク層の基礎知識
    • UTP/STP/同軸テーブル
    • 光ファイバ
    • 光ファイバの用途と規格
    • Ethernetフレーム
    • Ethernetセグメント
  • 2.2 L2スイッチとその使い方
    • L2スイッチの仕組み
    • スイッチドネットワーク
  • 2.3 ルータとその使い方
    • ルーティングの原理
    • ツーティングプロトコル
    • ルータの使い方
  • 2.4 L3スイッチとその使い方
    • L3スイッチの動作
    • L3スイッチとルータの使い分け
    • マルチレイヤスイッチとその使い方
    • WANとLAN
    • WANで一般的に使われるプロトコルとネットワーク機器
  • 2.5 無線LAN
    • 無線LANの仕組み
    • 無線LANの接続処理とセキュリティ
  • 章末理解度チェック

第3章 LANの設計と管理

  • 3.1 ネットワークトラフィック
    • ユーザとネットワーク
    • ネットワークセキュリティ
  • 3.2 IPアドレス計画
    • 計画的なアドレス配置の重要性
    • ネットワークの分割
  • 3.3 ネットワーク管理ツール
    • ネットワーク管理とは
    • 基本ネットワーク管理ツール
    • 各種ネットワーク統計ツール
  • 3.4 SNMPとネットワーク管理
    • SNMPの概要
    • SNMPのメカニズム
  • 3.5 ネットワークの設計と文書化
    • ネットワーク構成図の必要性
    • ネットワーク構成図の描き方
  • 章末理解度チェック

第4章 インターネットとWAN

  • 4.1 インターネット接続
    • アクセス回線
    • ファイアウォールとプロキシ
    • インターネット接続とネットワーク設計
  • 4.2 VPNによるWANゲートウエイ
    • VPNの概要
    • VPNの動作メカニズム
  • 4.3 TCP/IPとWAN
    • WANのパフォーマンス
    • WANのパフォーマンス高速化を実現する仕組み
    • WANを組み込んだネットワークの構成上の留意点
  • 章末理解度チェック

第5章 ネットワークとセキュリティ

  • 5.1 ネットワークへの攻撃
    • クラッカーの意図
    • フットプリンティング
    • TCPのハンドシェイクを使った攻撃
  • 5.2 パケットフィルタリング
    • パケットフィルタの種類
    • IP層とパケットフィルタリング
    • TCP/UDPとパケットフィルタリング
    • NAPTとパケットフィルタリング
  • 5.3 DMZ(非武装地帯)
    • DMZの概要
  • 5.4 iptablesによるパケットフィルタリングの実例
    • iptablesの概要
    • iptablesのコマンドの使用例
  • 5.5 プロキシ
    • アプリケーションとプロキシの動作
    • プロキシとセキュリティ
  • 5.6 暗号化とネットワーク
    • ホスト間の暗号化通信
    • インターネットVPN
  • 5.7 無線LANのセキュリティ
    • 無線LANの基本セキュリティ
    • 無線LANの高度なセキュリティを利用する
  • 章末理解度チェック

第6章 サーバと基幹ネットワーク

  • 6.1 サーバ
    • サーバとクライアント
    • サーバの特徴
    • サーバの負荷と負荷分散
  • 6.2 高可用性サーバ
    • 高可用性システムとは
    • 高可用性システムの技術
  • 6.3 ネットワークの冗長化
    • 冗長化の基礎
    • 基幹ネットワークの高可用性
  • 6.4 ディザスタ・リカバリとネットワーク
    • ディザスタ・リカバリとは
    • バックアップとネットワーク
  • 章末理解度チェック

第7章 IPv6の基礎

  • 7.1 IPv6の基礎
    • IPv4とIPv6
    • IPv6アドレスの概要
    • ユニキャスト
    • マルチキャスト
    • IPv6と上位プロトコル
  • 7.2 実用ネットワークとIPv6
  • 7.3 IPv6とネットワーク設計
    • IPv6ネットワークのアドレス設計
    • IPv6とルーティング
    • IPv6とDNS
  • 章末理解度チェック

第8章 IPv4とIPv6の相互運用

  • 8.1 IPv4の課題とIPv6
    • IPv4アドレス枯渇対策
    • IPv6の課題
  • 8.2 相互運用技術
    • IPv4とIPv6の相互運用方式の概要
    • IPv6トンネル方式
    • トランスレータ
  • 8.3 IPv4とIPv6の相互運用とネットワーク設計
    • IPv6の利用に必要なもの
    • アドレス設計
    • IPv6ネットワークの実装
  • 章末理解度チェック

第9章 パフォーマンス

  • 9.1 LANのパフォーマンス問題と解決策
    • アプリケーションとトラフィック
    • 高速伝送とサーバ負荷
  • 9.2 WANのパフォーマンス問題と解決策
    • 伝送遅延とアプリケーション
    • 伝送遅延効果のエミュレーション
  • 9.3 IPv4とIPv6の相互運用とパフォーマンス
    • IPv6ネットワーク機器のパフォーマンス
  • 9.4 セキュリティとパフォーマンス
    • 主なセキュリティ対策とオーバーヘッド
    • 暗号化とパフォーマンス
  • 9.5 ネットワークパフォーマンスチューニング
    • パフォーマンスチューニングとは
    • ネットワークのパフォーマンスチューニング
    • 高負荷ネットワークとパフォーマンスチューニング
  • 章末理解度チェック

第10章 ユーザとネットワーク

  • 10.1 ユーザの期待とネットワーク
    • ユーザにとってのネットワーク
    • ユーザの挙動
  • 10.2 セキュリティポリシー
    • セキュリティポリシーの考え方
    • 運用管理ガイドライン
  • 10.3 セキュリティ対策とユーザ
    • セキュリティポリシーとユーザ教育
    • 危機管理
  • 章末理解度チェック

付録:理解度チェック/章末理解度チェック解答
索引